経営陣の影響を受けやすいit企業の正社員

エンジニアとしてit企業で正社員勤務すると業界で生きていくためのノウハウを身につけることができ、成功の機会も与えてもらうことができるのが魅力的な点です。

しかし、実際に働いてみると自分の力が十分に発揮できているのかが疑問視されてくるようになる人もいます。
それは確かな事実であり、本当にエンジニアとして有しているスキルが活用できる現場が与えられ、作り上げてきた成果が本来あるべき姿になっているかが不透明になりがちです。

これは自分の力が発揮できるかどうかが経営陣の手腕に左右されやすいのが正社員として企業に勤めるときの特徴だからであり、デメリットとも言える点でしょう。
能力を発揮できるかどうかは現場環境に依存することは明らかであり、互いの専門能力を活用し合える職場環境が整えられていることが重要になります。

また、成果となる製品が仕上げられたとしても、それが効果的な形でマーケティングされなければ正当な評価を得られない場合もあるでしょう。
経営方針が世の中のトレンドからずれてしまっていると、画期的な製品が開発されたとしても世の中から目を向けられずに終わってしまう場合もあります。

事業方針を自分で考えることができないのが正社員として勤務する立場であり、itエンジニアとして専門能力を使用することはできても、それが世の中に注目されるようになるかは経営陣の力に依る部分が大きいのです。
その点は理解して企業に勤めることが大切でしょう。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です