it産業の実態と特徴

近年、it産業の発展が著しいです。
特にスマホの登場が印象深いのではないでしょうか。

しかし、実際にはどういったものなのか、ご存じない方もいると思います。
ここでは、3つの業界に分けて見ていきましょう。

it産業は概ね「通信業界」「Web業界」「SI業界」に分類されます。
まず、通信業界とはインターネットなどの回線サービスを提供する業界です。
私たちがインターネットを利用できるのは、通信業界の働きのおかげです。

次に「Web業界」があります。
この業界の特徴はWebサイトを通じてサービスを提供することが挙げられます。
最後に「SI業界」です。
SI(System Integrator)業界はシステムを開発し、それをお客様へ提供するのが特徴です。
システムと言うと具体的にはATMや電車の自動改札機など、意外にも私たちが日々利用しているものがあります。
SI業界はほぼBtoB企業が大半を占めていることから、私たちにあまり馴染みがない企業が多いかもしれません。

以上、3つの業界がit産業の大きな要素として考えられます。
いずれにせよ、情報技術を用いて私たちの身の回りにある問題を解決するという店が共通してあります。
そして、各業界はエンジニアという職種の活躍により成り立っています。
最近では、正社員だけでなくフリーランスとして働くエンジニアも増えており、今後もさらに重要さを増してくる職種であります。

No comments yet


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です